ブログ

宿泊型イタリア料理学校 クッキングアカデミーフィレンツェの最新の情報や、
カルミネやスタッフ、生徒達の日々の出来事をお届けしています。
宿泊型イタリア料理学校 クッキングアカデミーフィレンツェの最新の情報や、シェフカルミネ、アカデミースタッフ、生徒達の日々の出来事をお届けしています。

Brucatura

毎年、Brucaturaを手伝ってくれるカロナッチ家の皆さん。カロナッチ家の皆さんは、スローライフのお手本のような家族で、いつもお世話になっています。

イタリア語で収穫という単語は、raccoltaが一般的ですが、オリーブの実の収穫には特別な単語「Brucatura」を使います。

Cooking Academy Firenzeの12ヘクタールの敷地の中には、約1,000本のオリーブの木があるのですが、これを1週間位で、全部収穫します。収穫した後、Frantoio(フラントイオ、オリーブオイルの搾油工場)に運んで、オリーブオイルにします。

1,000本近くあるオリーブの木を、モタモタと収穫していると、最初に収穫したオリーブが痛み始め、美味しいオリーブオイルにならないので、効率よく収穫していきます。

まずは、オリーブの木の下にネットを敷きます。どんどん、実をネットの上に落として最後にネット上のオリーブを集めて箱に入れていきます。

このネットを木の下に敷く作業、案外キツイのです。ネットは、私一人で持ち上るのは一苦労する重さ。カロナッチ家のみなさんは、さっさと一人でも上手に敷いていくのですが、私はまだ修行が足りず、一人では大変です。

カロナッチ家の長男、ステファノさんが持っている長い棒の先には、電動熊の手のようものが付いていて、これで、オリーブの実を落としていきます。これを使うと、1本15分弱でオリーブをだいたい落とすことが出来ます。

もちろん、機械だけではなく、人力も重要です。電動熊の手で、高いところのオリーブを落としている間に、他の人は低いところのオリーブを手で落としたり、木の下に敷いたネットからオリーブが飛び出さないようにネットを持ち上げたりとチームワークで作業を進めます。

オリーブを全部落としたら、皆でネットを上手に手繰って、箱に入れていきます。手の空いた人は、ネットからこぼれたオリーブを拾って、一粒も無駄にしないように集めてアシスト。

頑張って、1,000本全部を収穫して、フラントイオに持って行くのが、楽しみです。

来春の短期イタリア料理留学コースで、皆さんに、たっぷりオリーブオイルを使ってもらえるように、頑張って収穫します!

お散歩

この季節、気持ちの良い天気は少ないので、晴れた日はククちゃんも大喜びでお散歩です。

ククちゃんは森の中が大好きです。

実は、私はかなりの方向音痴で、こちらに来たばかりの頃、ワンコと遊んでいたら、気が付いたら森の中に入ってしまい、迷子になり、警察騒ぎになりそうになった前科があるのですが、最近は田舎生活にも慣れてきて、森に入っても帰って来れるようになりました。なので、最近はククちゃんと二人、小さな冒険を楽しんでいます。

日本では、ワンコと自由に散歩できる場所は少ないですが、ここ田舎では、リードなしで、ワンコも自由に遊んで、好きなだけ匂いをクンクンして、自然を満喫です。これも、イタリアの田舎生活の良さの一つだなぁと思っています。

今は、caccia(狩り)の季節なので、お散歩中にcacciatore(ハンター)とよく遭遇します。こんな田舎の山奥で、日本人がワンコと散歩しているのは珍しいらしく、よく驚かれます。

cacciaは大体、ワンコと一緒にチームプレーで獲物を仕留めるので、cacciatoreもワンコ連れなので、ククも散歩中にワンコと遭遇すると楽しそうに遊んでいます。

楽しそうにワンコ達が追っかけっこしているのを眺めていると、田舎生活って、いいなぁーって実感します。