ブログ

宿泊型イタリア料理学校 クッキングアカデミーフィレンツェの最新の情報や、
カルミネやスタッフ、生徒達の日々の出来事をお届けしています。
宿泊型イタリア料理学校 クッキングアカデミーフィレンツェの最新の情報や、シェフカルミネ、アカデミースタッフ、生徒達の日々の出来事をお届けしています。

イタリア語レッスン

イタリア料理短期留学コースでは、イタリア語レッスンも行っています。

レッスンを担当してくれるのは、ルチア先生。今までに、多くの日本人にイタリア語を教えてきたので、とても分かりやすく教えてくれます。

語学は数週間レッスンを受けただけでは、なかなか喋れるようにはなりませんが、イタリア語を本格的に勉強する良いきっかけになれば良いなぁと思っています。

イタリア語がカタコトでも出来ると、イタリアの街歩きも楽しさ倍増なので、料理留学しながらイタリア語レッスンも体験してみてくださいね。

 

カフェ講習

イタリア生活に欠かすことが出来ないcaffe。イタリア人がとっても誇りしているものの一つです。

エスプレッソ(caffe)の本場イタリアならではの、本当のBar(バール)の味を覚えて帰って頂きたいので、今日は、午後からカフェ講習です。

先生は、アルベルトさん。村で一番人気のBar Juiliaのオーナーです。イタリア全土のcaffe大会で2位の実績の持ち主。

まず、座学でcaffeの歴史から教えてくれます。美味しいcaffeを作りたかったら、その背景を知る事は大事だそうです。

イタリアに最初に伝わったころは、なんと、「悪魔の飲み物」と言われていたそうです。Caffeを飲むと、みんな元気になってしまうので、当時の宗教界の偉い人たちは、この悪魔の飲み物が広まったら、大変なことになってしまう!と心配したそうです。今では、カフェインの影響だと分かっているので、誰も「悪魔」だなんて思いませんが、昔は、不思議に思ったのでしょうね。

caffeの歴史や、豆についてのレクチャーを受けたあと、いよいよ実践です。

caffeを入れる時の、細かいコツを丁寧に教えてくれます。

そして、みなさんが一番やってみたかった、cappucinoにも挑戦です。でも、これがかなり難しい、、、、。ミルクを適温で、細かい泡にするのに悪戦苦闘。アルベルト先生から「みんな、心配しないで。僕も最初は牛乳を1000リットルぐらいは無駄にしたからね。これは、簡単じゃないから、最初は出来なくて当たり前。練習、練習!」と優しい励ましのお言葉。

簡単そうに見えて、実はかなり奥が深いカプチーノ。

先生が作る美味しいカプチーノを飲んで、「こんな美味しいの飲んだことない!」とミルクの甘味とまろやかな口当たりに皆さん大感激でした。

 

la lezione

今日も楽しくレッスンです。

短期料理留学コースは、月曜から金曜の午前中、毎日料理レッスンです。

初日は、ちょっと緊張気味の皆さんも、だんだんとキッチンにも慣れてきて、笑顔も出てきて楽しそうです。日本以外からお越しの方とも、共通の目的「イタリア料理」を通して、コミュニケーションを楽しみながら、料理していきます。

 

 

仲良くパスタを作っている後ろ姿と、完成したサルシッチャとゴルゴンゾーラのパスタです。

美味しい料理を作る一番のコツは、楽しみながら料理することかも知れませんね。

 

今日のレッスン

Finocchio フィノッキオ(フェンネル)のパスタ。

あまり日本では見かけないかもしれませんが、こちらでは季節を感じるメニューの一つです。

今日のレッスンは、お庭に沢山生えているフィノッキオの葉っぱを取りに行くところからです。

この辺りの野生のfinocchioは、茎の下の部分は、あまり美味しくないので食べませんが、ふさふさの葉っぱ部分はハーブティーにしたり、料理に使ったりします。

みんなで仲良く、自然の中で食材を採って、お料理するのは、なんだかとっても幸せな気分になります。

楽しくレッスンの後、みんなでワイワイ美味しく頂きました!

 

2018年春の短期イタリア料理留学コースが始まりました!

クッキングアカデミーフィレンツェの短期留学コースが始まりました。

トスカーナの美しい自然の中で、現地イタリアならではの食材を使った料理レッスンを楽しんでいます。

この日のメニューは、

Antipasti:focaccia all’olio e rosmarino  ローズマリーのフォカッチャ

Primo: Ravioli ricotta e piselli al limone  グリーンピースとレモンのラビオリ

Secondo: Pollo alla cacciatora  チキンの猟師風トマト煮

Contorno: Patate contadine – patate, aglio rosmarino olio ポテトのオーブン焼き

Dessert: Cantucci di prato  カントッチ(ビスコッティ)

「料理は科学でもあり、芸術でもある」がシェフ・カルミネの口癖なのですが、みなさんにその意味をお伝えできたら良いなと思っています。

2週間のイタリア短期料理留学で、料理のレシピだけではなく、イタリアのライフスタイルからも、何か良い物を持って帰って欲しいと思っています。

 

 

 

これから2週間、料理レッスンだけでなく、トスカーナの魅力を満喫し、実りある短期留学にして頂けたら良いなぁと思っています。