ブログ

くるみのタルトとパスタ

今朝はカルミネ校長のマンマの自慢のクルミのタルトを教えて貰いました。

クッキングアカデミーフィレンツェの敷地の中にも、クルミの木はあるのですが、今はクルミの季節ではないので、スーパーで買ってきたクルミを使いました。

今日のクルミのタルトはスペシャル版です。

この前、作ったサンプーコのジャムを焼きあがったタルトに乗せてみました。

サンプーコとクルミはとっても相性がいいそうです。サンブーコの香りとクルミのコクが合って、癖になる美味しさです。

タルトで使いきれなかったクルミは、お昼のパスタで使い切りました。

日本ではあまりクルミのパスタと言ってもピンときませんが、コクがあって食感も良くて、お勧めです。

作り方は、とっても簡単です。

細かく砕いたクルミと固くなったパンを削って粉状にして、たっぷりめのオリーブオイルで炒めて、パスタと絡めるだけです。

シンプルな調理法なだけに、実は美味しくつくるのは難しいのですが、マンマは年季が入っているので、さすがです。

色々とプロフェッショナルな料理を学ぶことも面白いですが、せっかく遠いイタリアまで料理留学にくるなら、普通の家庭の主婦が作るシンプルだけれども、とっても美味しいパスタも試してみたいですね。

料理を学ぶ為に留学に来たら、テクニックだけではなく、イタリア人のセンスを盗んで帰りたいですね。