ロケーション

12ヘクタールの敷地の中には、本格的な料理スタジオと宿泊室6部屋のある建物を中心に
Vigna(ヴィーニャ、ブドウ畑)、オーガニックの野菜畑、オリーブの畑、
多種にわたる果物の木々などが広がっています。

12ヘクタールの敷地の中には、本格的な料理スタジオと宿泊室6部屋のある建物を中心にVigna(ヴィーニャ、ブドウ畑)、オーガニックの野菜畑、オリーブの畑、多種にわたる果物の木々などが広がっています。

宿泊型イタリア料理学校クッキングアカデミー・フィレンツェは、イタリアはフィレンツェ郊外にそびえる、食通の観光客も訪れるラグジュアリーヴィッラとして人気な『Villa Le Monache(ヴィラ・レ・モナケ)』に併設されています。

ヴィラ・レ・モナケは1900年代の初頭まで、フィレンツェの聖フィリッポ・ネリ会衆のシスター達の修道院(MONACHE)でした。若者達にカトリックの教えを伝えるのはもちろんのこと、刺繍を教えたり、農作物を育てたりと地元の人々との交流の場であり、シスターたちの保養所としても利用されていました。

戦後、この建物は『ポデーレ・ラ・ヴォルパイア(狐の住む農園)』と呼ばれる個人邸宅となりましたが、1990年の初めに、カルミネ・コッツォリーノが購入し、自ら少しずつ手を加えていき、現在の美しいヴィラへと改修され、新たな歴史を刻み始めました。長い歴史を秘めたこのヴィッラは、暮らしの中のバカンスを楽しむ観光客にも人気です。そして、まさにこの場所こそが「本当のイタリア、トスカーナの食文化を学べる」宿泊型イタリア料理学校として歴史を刻み始めています。

  • フィレンツェ中心部から車で小一時間
  • フィレンツェ中心部から車で小一時間。列車であれば20分ほどの場所となります。

    敷地面積は12ヘクタールと広大で、その中に本格的な料理スタジオと宿泊室6部屋のある建物、ブドウ畑、オーガニックの野菜畑、オリーブの畑、多種にわたる果物の木々などが広がっています。

    なだらかな丘と広大な畑が続く風景は、まさにトスカーナ!
    豊かな自然を肌で感じながら、本格的イタリア料理を学べる特別な環境にあります。

    日本ではできない、実際のトスカーナの香りや空気に触れられる料理留学体験は、豊かな実を結ぶはずです。